アナタも食のプロを目指してみませんか?

日本安全食料料理協会は、料理や食品に関する知識や技術に特化して、エキスパートを認定する機構です。

料理・食事に関するスキルを有する食育者の資質として、備えるべき能力についての客観的かつ定量的な評価基準を定めることで、現場や企業に求められるだけのスキルを身に付けた有用な人材を育成し、その人材の社会的地位を高めることを目的としています。

 

日本安全食料料理協会の特徴

日本安全食料料理協会では、料理・食品の技術・知識水準の向上と、その社会的地位の確立を目標に、衣食住の”食”にかかわる資格認定を実施しています。

資格認定試験は、在宅で受験ができます。全国各地のどこからでも受験でき、仕事を抱え多忙な社会人や、家事に追われる主婦の方でも、空いた時間を利用して、挑戦できることが特徴です。また資格認定試験は、2ヶ月ごとに1回、約1週間の期間で実施しています。いつでも自分の都合に合わせて受験できることも特徴の一つです。仕事の合間に資格を取りたい方なら、土日を使えばいいのです。

料理や食品を取り扱う仕事は、特に安全面の観点から、しっかりとした知識と技術が必須になります。既にその道で働いていらならOJTで知識やスキルを身に付けることはできますが、独学だけでそれらを習得するのは難しいことです。そんな方は、日本安全食料料理協会の審査基準を満たした「JSFCA認定校」で、必要な知識やスキルを学ぶことができます。

 

どんな資格が取れるの?

資格認定する分野は、「コーヒーソムリエ」、「カフェオーナースペシャリスト」、「紅茶マイスター」、「ワインコンシェルジュ」、「ハーブインストラクター」、「薬膳調整師」、「漢方コーディネーター」、「スパイス香辛料アドバイザー」、「和食エキスパート」と幅広いラインナップになっています。

資格を取って開業してみようと思われている方から、趣味の世界を深めたいという方にまで幅広く対応しています。

日本インストラクター技術協会の口コミ評判

では、日本インストラクター技術協会で実際に資格を取られた方の評判はどうなのでしょうか?口コミサイトを調べてみると、結構評判は良いようです。

「自宅で、マイペースで落ち着いて受験できるのが嬉しい。」在宅受験で、しかも受験日を選べるということを評価してもらえているようです。

「将来バリスタを目指しています。どういう知識を習得すれば良いのか分かりませんでしたが、コーヒーソムリエの認定資格を勉強し、受験することで夢に一歩近づけたと思います。」自分の夢に向かって、着実に歩めていると実感していただけたんですね。独学で勉強しなければならない資格認定の団体もありますが、認定校で勉強できるというのも、日本インストラクター技術協会の強みのようです。

「試験に合格したので、自信をもってカフェをオープンできました。」資格を取ることで、自信をもって開業できたということです。

「ワインでのおもてなしのときに友達に喜んでもらえました。」日常生活で、取得した資格を生かされているのですね。

こうしてみてみると、スペシャリストを目指す方がいる一方、趣味として充実した生活を送っている方もいることがわかります。

 

資格取得は自分の幅を拡げられる

料理や食品に特化していることもあり、限られた範囲の中ではありますが、実用性に高い資格から、趣味として楽しむものまで、いろいろな資格があります。人気のある、コーヒー関係の資格では、脱サラして喫茶店を開業する方もいれば、趣味でコーヒーを楽しみたいという方もいます。でも、この資格を持っていれば、いつでも喫茶店のマスターになれるのです。

他の資格もそうです。食品や料理に関する専門的な知識を得たい方はもちろん、利用者の傾向から、趣味や日常生活に活かしたい方にまで幅広く対応しているのです。

仕事の専門性を高め、より一層深い知識を得ることができたり、自分の趣味を極めたりと、自分の幅を拡げることができます。そういう目標がある方には、日本安全食料料理協会をお奨めしたいと思いますよ!