デザインのプロを目指しているアナタ。自分の技術に自信を持てるようになりませんか?

日本デザインプランナー協会は、デザインに関する知識や技術に特化して、その道のプロフェッショナルあることを認定する機構です。

デザイナーに求められる要求は年々高度化しています。店舗等のインテリアやその色合い、POP、またそれらを紹介するためのホームページにも、顧客の目を惹きつける高度な技術が要求されてます。その様なプロフェッショナルのデザイナーを認定するため、日本デザインプランナー協会は設立されました。

認定試験は、デザインという抽象的な技術を定量化し、客観的な判断基準を設けるものです。その資格を取得した人たちに対して、公的な社会的地位を向上させる事に貢献しています。そして、それぞれの技術やスキルを利用する企業や現場において、資格認定された人の基本的な技術やスキルを十分理解した上で、目的や用途に応じて、人材を有効活用するための指標にしています。

 

日本デザインプランナー協会の特徴

日本デザインプランナー協会では、デザインに関する技術・知識水準の向上と、その社会的地位の確立を目標に、デザインに特化した資格認定を実施しています。

その資格認定試験は在宅で受験できます。全国各地のどこからでも受験でき、仕事を抱え多忙な社会人や、家事に追われる主婦の方でも、空いた時間を利用して、挑戦できることが特徴です。資格認定試験は2ヶ月ごとに1回、約1週間の期間で実施しています。いつでも自分の都合に合わせて受験できることも特徴の一つです。仕事の合間に資格を取りたい方なら、土日を使えばいいのです。

 

どのような資格が取れるの?

日本デザインプランナー協会では、デザインに関して、多岐にわたる資格を用意しています。大別すると、「住まいに関するもの」「視覚的に美をアピールするもの」「WEBに関するもの」の3つになります。

住まいに関するものは、「実践建築模型」、「実践空間ディスプレイデザイン」、「CADデザインマスター」、「インテリアデザイナー」、「インテリアアドバイザー」、「カラーアドバイザー」、「グリーン製図クリエイター」です。

視覚的に美をアピールするものは、「ファッションデザイナー」、「ネイルアートデザイナー」、「クリスタルデコデザイナー」、「フラワーアレンジメントデザイナー」、「クラフトハンドメイドマイスター」、「スウィーツデコデザイナー」、「キャンドルデザインマスター」、「鉛筆デッサンマスター」、「POPデザイナー」があります。

WEBに関するものは、「SEOマーケティングアドバイザー」、「ホームページWEBデザイナー」の2つです。

 

日本デザインプランナー協会の口コミ評判

では、日本インストラクター技術協会で実際に資格を取られた方の評判はどうなのでしょうか?

一例としてインテリアデザイナー認定試験を受験された方からの声を紹介します。

「この業界を代表する認定試験に見事合格する事で、インテリアデザイナーとして一歩前に進める事ができました。」とか、 「デザイナーというと評価しにくいく職種ですが、資格認定制度ができたおかげで、他のデザイナーとの差別化が行えキャリアアップにつながりました。」 と好評のようです。客観的かつ定量的な尺度を設定されたことで、社会的な地位が認められたということですね。

また、「いつでも受験できるので、自分の都合に合わせてマイペースで受験することができ、とても便利でした。」という声も挙がっています。 在宅受験で、いつでもどこでも受験できるというのが良かったようです。

さらには、「勉強方法がわからなかったけど、認定校で受講できたおかげで、確実に知識とスキルを習得できました。」という方もいます。

日本インストラクター技術協会は資格認定をする団体であって、専門学校や通信教育のような、知識を習得するための機関ではありません。でも、認定校制度というものがあって、そこで事前に学べるということも高く評価されています。

 

資格取得は自分に自信が持てる

デザイン関係に特化していることもあり、限られた範囲の中ではありますが、実用性に高い資格から、趣味として楽しむものまで、いろいろな資格があります。その資格は、公にかつ正当に評価されるものです。

ですから、資格を取得したということで、社会的地位が向上し、人に認められるということで、自信がつくのです。

転職や再就職、開業を、あるいは講師として副業を持つことを目指されている方、そういう目標があるのであれば、日本インストラクター技術協会の認定試験の受験をお薦めしますよ!