販促活動とは企業の商品やサービスなどを販売し収益を得る事を目的に行う販売活動の一つで、目的達成のためにチラシやポスターなどでのPR活動やキャンペーンなどの展開活動などを通し営業や販売を支援することです。その方法は商品内容や購買層、流通方法などにより異なり、効果的な方法をロジカルシンキングで検討することが必要です。

販促活動の目的と役割

・販促活動の目的はキャンペーンなどを利用して、自信を持っている商品の販売拡大を狙い、落ち込んでいる商品の販売回復で商品寿命を延ばすこともできます。また新製品などでは直接消費者に対し現物の展示や商品によっては試供品の提供や試食、便利さやスピード化などの説明を通じ購買意欲を促すことで新規購買層の掘り起こしや拡大、またリピーター客を増やすことで販売収益を上げることです。その他に流通業者や商品を販売する卸・小売業者、またセールスや販売員に対する販売ノウハウの提供や特典などをつけて販売意欲を高める働きかけもあり、これら全体が販促活動になります。・販促活動の役割は自社の販売する商品やサービスを一斉展開するには通常の営業や販売員だけで限界があります。特に新製品や販売拡大を狙っている商品などではいろいろな企画やツールを利用してのイベントなどもあり通常の営業や販売員にプラスして力強く支援するのが販促活動の役割となります。企業によっては販促活動を業務として専門に担当するところを置いているところもあり販売拡大のために大変重要役割を担っています。

販促活動の企画や実施方法

販促活動を成功させるためには事前に企業としての販売戦略がなければなりません。販売戦略を検討するためには消費者層や消費動向、ライバル企業との商品比較や競業状況などを十分調査したうえで、販促活動目標とそれに要する予算を設定しなければなりません。その戦略を十分に理解し実現させるために販促活動企画や実施方法の検討が必要になります。企画内容には商品を知ってもらうためのPR方法や流通先のセールスや販売員の販売意欲が出るようなコンテストなどの魅力的なセールスキャンペーンや使いやすい販促ツールの準備、また消費者向けにはターゲットとしている購買層に楽しんでもらえる企画や試供品や景品などお得感があるようなイベントなどがあります。また実施方法としては流通先のセールスや販売員に対しては販売得点など期間を設定して実施、消費者に対しては購買層に合わせて人が集まりやすい時間帯を狙って駅前や販売している店頭などで足を止めさせる企画、また購入実績に合わせた魅力ある得点をその場で提供、また期間を設けて実施する方法などがあります。しかしこれらを実施するには予算と時間を必要としますが、費用をかけずに始められるものもたくさんあります、商品に合わせてシーズンや期間などベスト企画をロジカルシンキングで検討することが必要です。

まとめ

ライバル企業に勝つための販促活動は商品の販売を拡大し、企業の収益を上げるために行いますが収益に見合わない販促活動では何にもなりません。また販促活動は一度だけではなく
新製品発表時や売り上げ拡大時期、また売り上げが落ちてきた時の回復させる時期などタイミングを逃がさず実施する必要があります。