人事交流は会社によっては積極的に取り入れているところがあります。人事交流の目的は社員を成長させるために、いろいろ違った経験をさせることで自社の魅力に気がついたり、交流先の良さを知り自社に持ち帰り自社に取り入れたりでき、他社の社員から刺激を受け会社内のマンネリ化を防ぎ活力を出させるためにも大変有効な手段です。
ロジカルシンキング資格を通信講座で取得できる

人事交流の目的を明確にする

人事交流を他社が実施し、効果がありそうだから自社でも取り入れてみようという発想は良いにしても、大事なことは真似事ではなく自社にあった人事交流の目的を明確にすることです。交流先や交流期間、交流中の身分や給料関係、交流する社員の選考方法など事前に明確にした上で実施することです。目的やプログラム内容を社員に理解させ納得し意欲的に協力してもらうことで効果が期待されます。同様に他社から社員を受け入れる場合でも労働契約問題や機密保持関係、配属先や業務内容などがあり、事前に検討しなければならない事項があり、ロジカルシンキングで十分に検討し失敗しないように慎重に取り組むことが大切です。しかし人事交流は他社としかやれないかというとそうでもありません、工夫次第で社内でも考えていた以上に成果が出る交流方法がありますが、単なるお祭り的なイベントで一時的な交流ではなく実施する目的を明確にすると同時に実施後に目的に対しどうであったか検証し、検証結果を次回に生かせるようロジカルシンキングで工夫や改善を加えることで社内でも人事交流の成果を十分期待できます。
ロジカルシンキング資格を通信講座で取得できる

人事交流のメリット

人事交流を実施することでマンネリ化していた組織を活性化させ、交流先で得た新しい経験やアイデアは社内の仕事の改善改革に参考にでき、また交流前より視野が広がり他社でのいろいろな情報交換などでコミュニケーション能力がつき意欲的で新しいネットワークの構築ができるなどメリットがたくさんあります。また人事交流は他社だけではなく社内でも同様なメリットが期待できる方法があります。一般的に社員同士の交流は同じ部署の同じ職種で行われていることが多く、他の部署との交流があまりありません。また人事異動による交流はマンネリ化している社内のムードを大きく変えるほどにはなりません。人事交流のメリットの中に社内のマンネリ化防止だけでなく、同じ会社の社員でありながら他の部署の仕事が分からない、面識もなく話し合う機会がないということから横断的に風通しを良くすることができます。社内で気軽にコミュニケーションが図られることで会社全体の雰囲気が明るく活気が出るような多くのメリットが期待されます。また人事交流を通して視野が広がり人材育成や社員の能力が生かせる配属先を決めることなど人材活用のメリットにもつながります。
ロジカルシンキング資格を通信講座で取得できる

まとめ

人事交流は同業他社や異業種、また取引関係先など外部との交流もありますが社内でも定期人事異動とは違う期間限定で本支店間や会社横断的な取り組みでも大きな成果を得ることができます。そのためには人事交流の目的を明確にし、参加する社員にもメリットがあることを理解させ、意欲的に参加できるプログラムにしなければなりません。プログラム内容は効果が期待できるようロジカルシンキングで検討し、実施後も検証を加えながら継続することでさらに効果が期待できます。

ロジカルシンキング資格を通信講座で取得できる