ロジカルシンキングの手法の一つに、「なぜなぜ分析」という言葉があります。なんだか童話のタイトルのようなかわいらしい言葉ですが、これがなかなか良くできた手法なんです。

何かの問題が起きた時、短時間で問題の本質にたどり着く非常に有効な手段です。方法としては、発生した問題に対して「なぜ」と繰り返して答えていくことで、根本原因を突き止めようとする手法で、ロジカルシンキングの「ロジックツリー」と言う手法と同じ形を取ります。

今回は、なんだかかわいらしい雰囲気を醸し出しながら実は非常に有効なロジカルシンキングの手法である「なぜなぜ分析」について紹介していきます。

なぜなぜ分析の発祥は?

なぜなぜ分析の始まりは、トヨタ自動車生産工場の元副社長である大野耐一氏による著書「トヨタ生産方式」で紹介された有名な手法で、主に生産現場での問題解決として取り入れられている方法です。

では実際にどのような場面で用いられるかというと、例えば、「生産ラインの部品が紛失したまま稼働した」という問題が発生したとします。

なぜ1「なぜ部品が紛失したまま稼働したのか」に対し「部品が欠品していた」

なぜ2「なぜ部品が欠品したまま機械が動けたのか」に対し「センサーの破損」

なぜ3「なぜセンサーが壊れたのか」に対し「センサー劣化の為」

なぜ4「なぜ劣化に気付かなかったのか」に対し「点検項目に入っていなかった」

なぜ5「なぜ点検項目に入っていないのか」に対し「点検項目の見直しがなかった」

このように、なぜを5回繰り返せば、問題の本質に行きつくという考え方が、なぜなぜ方式と言われる手法です。

なぜなぜ方式を成功させるポイント

この方式で陥りやすいのは、5つのなぜを繰り返して本質にたどり着いたら、それで問題が解決したような気になってしまい、実際の解決に対する行動起こさずに終わってしまう事、そしてミスによる問題発生だった場合、犯人探しで終わってしまう可能性があるという事です。

なぜなぜ分析を成功させるカギは、”なぜ”の回答が、「個人の意識が不足していた」と個人の責任にしてしまうと、話は終わってしまいます。組織のどういったシステムがそうさせたのかが、原因にたどり着くポイントとなります。

日常使いできるなぜなぜ分析

なぜなぜ分析は、ビジネスシーンだけに限らず、日常生活の中でも非常に有用な手法です。ここで使えそうな一例をご紹介しましょう。

問題「なぜ朝起きられないのか」に対し、「夜更かししてゲーム」、そのなぜに対し「勉強をしたくない」、またそのなぜに対し「部屋が散らかってて机のスペースが無い」・・・と原因が出てきたら、今度一緒に部屋を片付けよう、というひとつの改善点が見つかりました。

なぜなぜ分析は、五なぜ分析とも言われますが、特に5回のなぜにこだわる必要はなく、5回ほど繰り返せば本質に行きつくだろうという目安の回数になりますので、状況を見てなぜの回数を決めて下さい

最後に

なぜなぜ分析、いかがでしたか?ビジネスシーンだけでなく日常生活、そして子育てにも応用できそうな方法ですね。又仕事においては「誰がやったのか」をどうしても追求しがちになります。そうではなく「失敗は成功の母」ということわざもあるように、そのミスをきっかけによりよくしていこうという風土に職場の雰囲気が変わっていけば、ますます効率が上がっていきます。